温泉地での合宿免許取得は魅力たっぷりです

車の運転免許を合宿形式の教習所で取得する形が普及してきています。
合宿免許のメリットは、何よりも短期で免許がとれるという点にあります。
教習所システムや個人によって違いはありますが、普通車ATであれば14泊15日で卒業したとの例もあります。
普通車MTであっても、最短では16泊17日で卒業可能なところもあるのです。
時間を有効に使えるという点で、合宿免許は大変な注目を浴びています。
合宿免許では普通車だけでなく、普通二輪や大型免許などの取得も可能です。
それぞれに、あらかじめ定められた教習時限数を、スケジュールに沿ってこなしていく形をとります。
もし何らかの事情で教習を受けられなかった場合は、次の時限に教習を受けることになりますので、その分は遅れてしまうことになります。
もし検定で不合格になったら、その日の再受検はできませんので、最低でも2日か3日以降に検定を受け直すことになります。
ですから、長期間の休暇のある学生などにとっては、非常に効率的な取得方法として高い人気があります。
また、合宿する場所というのは、都会を離れた観光地や温泉地であることが一般的です。
旅行気分を味わいながら教習を受けられるというのも合宿免許の大きな魅力と言えましょう。
事実、新潟県のように温泉地に恵まれた教習所には、多くの申し込みが寄せられています。
忙しい現代人にとっては、短期間で取得可能であり、しかも、観光気分も味わえるとあって、合宿免許は高く評価されています。