運転免許の種類と乗れる車とは何でしょう。

運転免許は3つの区分から各種類へ分かれています。

運転免許には、第一種運転免許と第二種運転免許の区分があり、この他に運転免許資格を取る前に一般道路で練習や試験を受ける時に必要な仮運転免許という区分があります。第一種運転免許には普通免許、準中型免許、中型免許、大型免許、原付免許、普通二輪免許、大型二輪免許、普通小型特殊免許、大型特殊免許、牽引免許と多数あります。この中でも、まずは普通免許を取得する方が多いのではないでしょうか。普通免許は個人で所有したり家族で使われる普通自動車や軽自動車など、免許証があればどなたでも運転可能な車を扱うための免許です。具体的には18歳以上で車両総重量が5トン未満、10人以下の車両を運転できる免許となります。

また、普通免許にはオートマチック車限定(AT限定免許)と、オートマチック車とマニュアル車の両方を運転できるものを選択できます。さらに普通免許を取得することで、原付免許も取得できます。原付免許は原動機付自転車といい、排気量50cc以下のスクーターや三輪のスクーターに乗ることが可能です。そしてもう少し大きな車両を運転したいと思った時は準中型免許、中型免許があります。準中型免許は18歳以上で、車両総重量3.5~7.5トン未満で10人以下の車両を運転でき、中型免許は20歳以上、経験2年以上で車両総重量7.5~11トン未満で30人未満の車両を運転できる免許となります。

中型免許からは対象年齢や運転経験の年数が変わるため注意が必要です。さらに大きな車、いわゆる大型自動車を運転する場合は大型免許となります。一般車両というよりは商用車や作業車に使われる事が多い車を扱うことが多くなる免許です。対象は21歳以上で経験が3年以上、車両総重量が11トン以上で30人以上の車両を運転できる免許となります。オートバイ、バイクなど普通自動二輪を運転する際に必要な免許が、普通二輪免許と大型二輪免許です。こちらは排気量によって普通又は大型に分かれます。他に特殊車両を扱うフォークリフトを扱うための普通小型特殊免許、クレーン車などを扱うための大型特殊免許や牽引免許があります。

第二種運転免許が必要な場合は?

第二種運転免許は商業目的で人を乗せて運転する時に必要な免許です。具体的には、バスやタクシー、運転代行車も含まれます。
種類は大型第二種免許、中型第二種免許、普通第二種免許、大型特殊第二種免許、けん引第二種免許の5種類があります。

まずは普通免許の取得から

運転免許を必要とする目的は人それぞれです。もし、お仕事で免許を必要とされていないが、運転免許を取得したいという方は、18歳から取得可能な普通免許の取得をおすすめします。普通免許を取得することで他の免許がとれる範囲が広がります。是非、運転免許を取得して、活動範囲の幅を広げる手段に活用してみてはどうでしょうか。